こんにちは
メンバーで唯一コードが書けないタンバです
自分の声って録音して聞くとすげーはずかしいですよね

前回はサウンドファイルを埋め込んで音量にあわせてエフェクトをかけましたが、
今回はVJアプリを作る前に、現場を想定してサウンド、映像の外部入力テストしてみようと思います
デフォルト機能でMacの内臓カメラを使用することもできるのですが、
今回はテストということであえてwebカメラをつなげてみます
サウンド入力は調整がしやすいようにミキサーをかませて。。。。こんな感じに

alt

patchのほうは、CLASSROOM FILTERをつかってボリュームだけではなく音質で変化がでるようにしてみます
あとは、絵的にいい感じになるようにエフェクトのかかりを調整

alt

音質の変化がわかりやすいようにボイスチェンジャーをつかってテスト

一応音質でエフェクトのかかりに多少の変化がみられた
webカメラの解像度が低いのと入力に対してちょっとデリケートに反応しすぎてるのは反省点
CLASSROOM FILTERの部分の精度をあげるともっと面白くなりそうな感じです